不安とトラブル
探偵に依頼する時、不安感を感じる人がいます。不安を感じている人ほど、「騙されたのではないか。」と契約後に不安を感じ、なんの不具合もトラブルも発生していないのにキャンセルを行おうとしたり、実際に行う人もいます。事務所に足を運んでの契約後のキャンセルは、規定されているキャンセル料が発生することが多いことを知っておく必要があります。また契約後のキャンセルについて規定され、説明されているにも関わらず、トラブルになったと感じる人もいるようです。
契約後の不安感、元来の性分も大きいですが、依頼の前に探偵についての知識が不足している場合も現れるようです。

さらに多いのが、契約時の重要事項説明や契約書の詳細の確認などをしっかりしていない人。悪徳な探偵に騙されないためには、重要事項説明や契約書の契約内容の確認及び詳細の確認は必要不可欠です。信頼できる探偵を見つけるためにも、依頼者のしなければならないことは必ず押さえておきましょう。

他の人から見れば信頼できる探偵であっても、依頼する側の意識の差、知識の差で信頼できない探偵へと見方が変わる場合もあります。信頼できる探偵を探したいのなら、自身も探偵に対する知識を持つことが必要です。